社会問題を解決するサードセクターの次世代のリーダーを応援します。

ホーム > ニュース > 10月19日開講 「ゼロから始める女性のための起業塾」 

ニュース

10月19日開講 「ゼロから始める女性のための起業塾」 

ゼロから始める女性のための起業塾

「こんなサービス、あんな商品」「あったらいいな」をカタチにする
この起業塾では、一人ひとりの想いを大切にしながら
①経営に必要な論理思考がわかりやすく学べます
②起業に必要な基礎知識が学べます
③託児サービスがあります。

1.実施会場

パシオンTOKYO
東京都大田区大森北二丁目3番15号第15下川ビル

2.参加費

1日1000円×5日=5000円(テキスト代含む)

3.開催日時

10月19日(土)、10月27日(日)、11月9日(土)、11月16日(土)、11月30日(土)
9時半~12時半

4.カリキュラム

チラシ参照

5.申し込み先

公益社団法人日本サードセクター経営者協会
住所〒143-0016 大田区大森北2-3-15
TEL:03-3768-6000(午前 10 時~午後 5 時) FAX:03-6410-8550
E-Mail:seminar@jacevo.jp

6.講師

 

■小西 由美枝 (こにし・ゆみえ)

プリメックスキッズ株式会社代表/特定非営利活動法人NPOクリエイティブクラブ代表理事
「保育」×「教育」×「地域貢献」を事業コンセプトに、都市部の待機児童解消や教育格差などの社会的課題に地域コミュニティを活用した子育て支援事業で取り組む。
現在、教育型学童保育施設・ママの交流広場・小規模保育施設・子ども英会話、アート教室などの多彩な子育て施設の運営を行っている。

 

■池本修悟(いけもと しゅうご)

公益社団法人日本サードセクター経営者協会理事/一般社団法人ユニバーサル志縁センター専務理事
高校時代、阪神淡路大震災に際し、何もできない自分に歯がゆさを感じ、大学進学以降、NPOの事業サポートや社会活動を行う人たちのネットワーク化など様々な社会事業に取り組んできた。東日本大震災においては、762団体ものNPO団体が参画した東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)の立ち上げにかかわり、いざという時の底力と継続的な連携の難しさを思い知った。そこで緊急時だけでなく普段からセクターを超えて協働できる若者が集う学びあうコミュニティ「社会創発塾」をプロデュースし2016年には公益財団法人日本ユースリーダー協会(会長:三村明夫氏)が主催する若者力大賞のユースリーダー支援賞を受賞した

 

■坂田静香(さかた・しずか)

NPO法人男女共同参画おおた理事長
福岡県出身。ボランティアで都内の公共施設の事業運営に携わったことがきっかけで、2003年にNPO法人男女共同参画おおたを設立。設立当初は理事として活動し、2008年に理事長就任。2004年から大田区立男女平等推進センター「エセナおおた」の指定管理者として施設管理・事業運営を任されているほか、2016年5月に主に女性向け創業支援施設「パシオンTOKYO」を開設。2つの施設運営を行っている。個人としては集客力のある講座の企画に定評があり、そのノウハウを教えてほしいと全国の自治体やNPO、市民団体から講演依頼が相次いでいる。著書に『人が集まる!行列ができる!講座・イベントの作り方』(講談社+α新書)、『実例でよくわかる!人が集まるチラシの作り方』(家の光協会)がある。

 

■風間 英美子 (かざま・えみこ)

有限会社キュベル代表

国内大手の独立系戦略コミュニケーションコンサルティング会社に勤務後、マーケティング担当として外資系製薬会社に勤務。障害などのため労働市場において不利な立場にある人たちを雇用する目的で作られるビジネスであるSocial Firmに出会い、独立起業。「誰もがあたりまえに働き、働く喜びを感じることのできる場作りのための人づくり・事業づくり」を目指す。

 

■古谷裕子(ふるや・ゆうこ)

株式会社NKコンサルティング代表
大手税理士法人勤務を経て、2011年に税理士事務所を独立開業し、2014年にコンサルティング会社を設立。
経営コンサルタントとして実践的な支援を重視しており、中でも創業支援、特に女性起業家の支援に尽力しており、女性のための就職・起業支援セミナー、中小企業庁「地域創業促進支援事業」創業スクール講師、その他講師を務める。
なんとなく起業に興味のある方からガッツリ起業したい方まで、経営者の不安の解決・解消を図るため些細な心配事にも親身に対応し、事業計画書、経営計画書、資金繰り表の作成や実行支援を通して起業家の皆様のやりたいことを全力でサポート。

 

■藤岡喜美子(ふじおか・きみこ)

公益社団法人日本サードセクター経営者協会(JACEVO)執行理事
1954年愛知県生まれ。東京海上火災保険(株)勤務。地区推薦の町議会議員。市民、行政、企業の3つのセクターに身をおいた経験から新しい社会システム構築に向けての提言や活動を行う。複数の自治体で政策アドバイザーを務める。約800件の起業支援実績があり、社会性重視の経営コンサルティングには定評がある。内閣府新しい公共の推進会議委員、中小企業庁NPO等新たな担い手に関する研究会委員、経済産業省ひとづくりの切磋琢磨による地域創生実行会議委員、地域を支えるサービス事業主体のあり方に関する研究会委員等歴任。「サードセクター組織のためのビジネスモデルワークブック」JACEVO2011年。早わかり子ども子育て支援新制度(ぎょうせい)、「稼ぐNPO」2016年株式会社カナリアコミュニケーションズ。

ページトップ